お見舞い申し上げます


この度の豪雨にあたり、被害に遭われた皆様、心よりお見舞い申し上げます。

「てあて屋よし」のある清見町三日町にも避難勧告が出され、清見支所へ非難しました。

おかげさまで、土砂崩れ、堤防決壊には至らず、ほっと一安心です。

実家のある郡上市白鳥町へ向かってみました。

テレビで大雨観測が報道された

高鷲町ひるがの、白鳥町長滝を通過するのですが、

国道156号線は、所々通行止め、片側交互通行をはじめ、土砂崩れの爪痕が見られました。

支所へ非難したときに、ある方が

「人は自然の力には勝てんでな。」と自然の偉大さと人間の力の弱さをしみじみ話されました。

想定外、観測史上初、○ヶ月分の降水量…等

今までの経験や知識が役に立ちません。

被害に遭われた皆様心よりお見舞い申し上げます。

最近は、地震の後に大雨といったように、泣きっ面に蜂のようになることが多い気がします。

今回も、土砂災害に遭われた地域の復旧のために働いている方々に 猛暑。

どうか早く心と体が休まりますように、祈るばかりです。

何の力にもなれず、申し訳ありません。

長良川

小さい頃と流れが変わってしまった長良川。
実家からは、川の流れが見られたようです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です