目が明るいです


先日初めて「てあて屋よし」で施術を受けられた方が

上向きからうつ伏せになって頂くときに

目が明るいです

と言われました。

よく施術が終わると「目が明るくなりました」とすっきりした表情で言われる方がいます。

「身体が軽くなりました」と同じくらいよく聞きます。

なぜ目が明るいのか?

それは、エネルギーが全身に届けられることにより、

邪気が排出されるからです。

目は「肝」の状態をよく表しますが、
他の臓腑も含めて身体の多くの部分と繋がっています。

目に良いと言われるツボがあります。

顔面にも後頭部にもありますが、
下肢にも「光明」という胆経の絡穴があります。

これらのツボも刺激しますが、

内臓も含めて身体から邪気が排出されると
目の邪気も排出され、

目が明るくなるのです。

「目が明るい」という患者さんの言葉は私の喜びです。

そら 2

日之本元極功法の中に目を明るくする「臥龍点睛功」があります。
錬功会を担当していると、「ぜひお願いします」とリクエストのある功法です。
秋分特別講座では、バージョンアップして公開されます。

すでに多くの方がお申し込みされています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です