神さまがくれた スタート・ライン


ドラフト会議が終わりました。

毎年ドラフトでプロ野球選手になる人数の平均は84名。
そのうち高校生、大学生が指名される人数はおおよそ60名ほど。

注目はやはり岐阜県飛騨市出身。
中日ドラゴンズに1位指名された根尾昴選手。

日本ハムに一位指名された 吉田輝星選手
でしょうか。

84名が指名されたということは、
逆に約100名の選手がプロ野球を自由契約となりました。

ドラフトで指名された選手の中には、胴上げをされた選手もいます。
引退した選手の中には、セレモニーで挨拶した選手もいます。

ひっそりと球団を離れた選手もいることでしょう。

立場は大きく違いますが、みんな

神さまがくれたスタート・ライン

走り続けたい どんなに傷ついても
いつか僕は新しい
スタート・ラインに立つ
走り続けたい どんなことがあっても
神さまがくれた スタート・ラインだから
~平原綾香 スタート・ラインより~

肺

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です