The定番 の「てあて」を目指して


あるテレビ番組で The 定番として
身近な商品が紹介されていました。

懐かしい
でも手に取ってみると

なぜかしっくりくる。
使いやすい。

毎日使う 茶碗や歯ブラシなどにとって
重要な要素です。

それらの商品をデザイン、作成するために
いろいろな商品を実際に手に触って
五感をフルに使うそうだ。

そこでデザインされたあるお椀は、
江戸時代から焼かれてきた大きさとほぼ同じだった。

The定番というものは、人々にとって何か懐かしい
そして手に取ってみると
非常にしっくりくる。 ものだと思う。

ある患者さんが てあてを受けて
あう
と言ってくださった。

ある患者さんは、
このやり方は初めてですが
優しくあったかいです。
と言われた。

三元(元気・元光、元音)エネルギーを
足りないところには補充し
滞っているところは疎通する。

新しさはないが、てきない人には やさしい。
そんな施術が てあて屋よし の持ち味です。

てあて屋よし

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です