やっとかめ


初めての方も、やっとかめの方も そしていつもの方も

てきないときは あんきによっとくれ

あんばようてあてします

と待合室のテーブルに置ていたら、

国府から通ってみえる ある患者さんが

やっとかめ てどういう意味ですか?」

と尋ねられました。

郡上市白鳥町出身の私は、方言がだいたい飛騨弁と同じなので

言葉には余り苦労していません。

(もう人生の半分以上を ひだで過ごしています (*^_^*)

やっとかめというのは、ひさしぶりという意味です。

ほんとに久しぶりの場合は、やっをかみしめて使います。

他の方に聞いてみると、「わかるけど使わんなあ。」とのこと。

ネットで調べてみると、名古屋、岐阜あたりの言葉でした。

おかげさまで、3月、4月はやっとかめの方も来てくださっています。

新型コロナウイルスの影響で大変の時期ですが

心と身体をいつも元気に保ってこの苦労を乗り越えましょう!

そのお手伝いを てあて屋よしが させて頂きます。

本宮神社

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です