まなみシリーズはどんな時にでも

冷湿布と温湿布どっちがいいの?
という質問がありました。

単純に思い浮かぶには、

急性で、熱を持っているときには、冷湿布。

慢性で、冷えているときには、温湿布。
ですね。

ネットで調べてみると、

冷湿布と温湿布の使い分け
日常生活の中で、筋肉痛や肩こり・ねんざ・腰痛等に湿布を使う方は多いかと思います。さて、湿布には貼るとヒヤッと冷たい『冷湿布』と、温かい『温湿布』があります。何気なく使っている湿布ですが、その特徴を知ることで、より効果的な使用方法ができます。今回は、冷湿布と温湿布の違いについてお話したいと思います。

《冷湿布》
筋肉痛やぎっくり腰・ねんざなど、急性の痛みの緩和に効果的。
主に、炎症・痛みの抑制を狙った湿布で、抗炎症効果や鎮痛効果などが得られます。
炎症がある・腫れている・熱を持っている時は、冷たい冷湿布が良いでしょう。

《温湿布》
肩こりや腰痛・神経痛など、慢性的な痛みに効果的。
主に、血行の改善を狙った湿布で、血液循環の改善および新陳代謝促進をもたらし、関節・筋肉の鎮痛効果が得られます。患部をお風呂で温めたり、撫でたりさすったりして気持ちが良い時は、温かい温湿布がよいでしょう。

基本的には、どちらの湿布も同じ消炎鎮痛剤を用いているので、薬としての効果は同じです。一般的な痛みに対しては、冷感と温感の『どちらが気持ち良いか』で使い分けるのが良いと言われています。飲み薬と違って全身に作用しない分、副作用が少なく体に優しい治療法と言えますが、不必要に貼ると副作用の危険性も出てきます。特に喘息の方は、発作を誘発する恐れがあるので、発作が起こりそうになったらすぐにはがして下さい。種類は豊富なので、自分に合った湿布を見つけることが大切です。

なあんだ。
どっちでも効果は同じなのか。 気持ちのいいのを選べばいいのですね。

てあて屋よしでは、「天のまなみ」に「海のまなみ」を溶かしたものを
(どちらも三元エネルギーが添加されています)

脱脂綿等にスプレーして患部や目に使っています。

邪気を吸ってくれるので、てあて中どんどん取り替えて使っています。

「まなみシリーズ」がずいぶん痛みや炎症を和らげてくれます。

何かあったら、天のまなみと海のまなみ。

疲れたとき、痛みがあるとき、やけどしたとき、…どんなときでも。

 

9月の予定

秋は実りの時、果物がたわわに実り、

日中に暑さは残るものの、朝夕には涼しい風が吹くようになり、
草の葉先に露が結ばれます。

9月は運動会(最近は春に行われることが多いようですが)、祭礼などの行事があります。
中秋の名月や彼岸花、金木犀などが美しく、稲刈りの時期です。

てあて屋よしの9月の診療についてお知らせします。

今月は、稲刈り、地区の祭礼、一宮・浜松出張、秋分特別講座などがあり、
皆様には大変ご迷惑をおかけしますが、

予定を確認され、早めにお申し込みください。
詳細は下記予約カレンダーをご覧ください。

9月の行事
9月7日(土)、8日(日) 白露特別講座
9月8日(日) 三日町白山神社祭礼
9月14日(土) 一宮会場(スポ文)
9月15日(日) 浜松会場(弁天島)
9月19日(木)、20日(金) 稲刈り(郡上市白鳥町)
9月21日(土)、22日(日) 秋分特別講座

9月の二十四節気
9月8日(日) 7:17 白露
朝晩涼しくなり、草木の陰に露が白く光るという意味で言います。

9月23日(月) 16:50 秋分
太陽黄経180度、昼夜当分に分けられる日で、秋分と言います。
この日は秋の彼岸の中日となります。

川上川
てあて屋よしからの川上川の向こうにそびえる乗鞍岳

てあて 料金のお知らせ

てあて屋よしの施術料をお知らせします。

国家資格を取得し、保健所に届けている施術所は、
広告に制限があります。

そのため、ブレスやさるぼぼなどの地域情報紙や新聞広告には載せることができません。
(ブログ、ホームページは大丈夫なんです。😃)

てあて 50分  6,500円

てあて後、次回ご予約の場合

1週間 3,300円
2週間 4,400円
1ヶ月  5,500円

てあて 100分 12,000円

※カウンセリング、相談を含む。

5月一宮・国府宮会場 てあてのご案内

毎月第二火曜日、それに続く水曜日は、一宮・国府宮会場での「てあて」です。

○てあて会場及び日程

5月14日(火) 一宮市スポーツ文化センター

9:10~16:30

5月15日(水) 名古屋文理大学文化フォーラム(稲沢市)

9:10~16:30

○施術代金
初めての方  6,500円

定期的に通われている方は、お得になります。

陰陽のバランス

物事はすべて「陰」と「陽」のバランスで成り立っています。

人間で言うと、体の前が「陰」。後ろが「陽」。

四つ足の動物をイメージすると、
お日様の当たる背中の方が「陽」。 お腹が「陰」となります。

そして左が「陽」。 右が「陰」。

経絡(気の通り道)も「陰」脈と「陽」脈があります。

体の後ろ、背中を廻るのが督脈(陽)。
体の前、お腹を廻るのが任脈(陰)。

経脈は手と足にそれぞれ太陽,少陽,陽明の3陽脈と
太陰,少陰,厥陰の3陰脈の6本ずつ計12本(左右で24本)あり,

手足の末端と6陰脈は肺,脾,心,腎,心包,肝の6蔵のうちの一つずつを,
6陽脈は大腸,胃,小腸,膀胱,三焦,胆の6腑の一つずつを経て顔面の感覚器を結ぶとされている。

陰と陽のバランスがとれて健康であると言えます。

バランスがとれた様子を表しているのが、
両義図、太極図、元極図、もとつきわみ図で表されています。

先日、「陽」の邪気を多くもった患者をてあてしました。
その邪気で、体の調子が悪くなりましたが、
「天のまなみ」(水のエネルギー)を補給し、何とかてあてを終えました。

この感じは…と考えていたのですが、
師がその人のようすを教えくださいました。

「陽」の強い、日差しが強く、乾燥したところで暮らしていること。
てあて(三元エネルギー)によって、陽の邪気が排出され、元気になったこと。
等を教えてくださいました。

まだまだ学ぶことがたくさんあり、もっともっと修練して大きく優しいエネルギーを扱えるようにしなければなりません。

おかげさまで てあて屋よし 4年!

おかげさま

国家資格取得のために専門学校へ通っていた時のことです。

クラスメートのS君に

今回のテストどうやった?
とトイレで尋ねると

おかげさまで
合格しました (*^_^*)

と答えが返ってきました。

もちろん私が教えた訳ではありません。

S君は高校卒業して入学。
私より30歳年下の若者です。

「おかげさま」

自分が、自分が

自分の力で、自分が頑張ってきたから …

と思っている内は、

おかげさまが上手く使えません。

上手く使えないながらも

形から入っていって 心を耕せたらと思っています。

おかげさまで

氣功整体 てあて屋よしとしてスタートしてから、 4年

国家資格を取得して
あんま・マッサージ てあて屋よしとして 届け出てから 1年。

この気持ちを 心に刻んで

皆様との結びを強めていきたいと思います。

火曜日のランチは ラーメン♪ レストイン喜平次

ランチで人気の 喜平次!

清見町三日町 国道158号線沿い。

地酒のそろう 中田酒店隣。

働く人の方々のためにこっそり出していた日替わりランチ。

その美味しさから

コーヒーメーカーから看板を提供され、大人気に。

ご飯、小鉢とサラダもついて 700円。

川上川のせせらぎをちょっとドライブして
十分満足(*^_^*)

火曜日のランチは、レストランせせらぎの経営者のご主人が作る

特製高山ラーメンのランチ!

ご主人特製のスープ。

◎2019年 4月1日より てあて屋よしの治療費を改訂します。
◇てあて 50分  6,500円 

次回の「てあて」を○○日程度後に予約された方
30日程度 5,500円
20日程度 4,400円
10日程度 3,300円
※詳細は次回ご予約の際に確認ください。

◇てあて 約100分  12,000円
(カウンセリングを含む)
☆初診料 無料

※医療控除の対象となります。

継続して 「てあて」を受け
くろうよく、げんきよく なられたい方にオススメ♪

春なのに♪

春なのに♪

春分を過ぎたのに

てあて屋よしは雪化粧しました。

4月から 継続してお越しになる方に 優しくなります。

くろうよく、げんきよく のために

価格改定

てあて 50分  6,500円

次回予約 をされた方
30日程度 5,500円
20日程度 4,400円
10日程度 3,300円

※詳細は次回ご予約の際に確認ください。

川 流れて 水 濁らず

春のお祭りで 三日町白山神社へ向かうと

川の流れがとてもきれいに感じました。

散歩しているSさんも同じように感じられていました。

人の体の中には、気血津液が巡っていると

東洋医学では考えられています。

どれも多すぎても、少なすぎてもダメ。

そして巡っていなければダメなのです。

川 流れて 水 濁らず

川上川の端には

蕗の薹がにっこり微笑んでいました。

天地と繋がって 立つ

少年野球でバッターボックスに入った選手に対して

力を抜いて! 肩の力を抜いて! …

などと、ジェスチャーを交えて伝える場面によく出会います。

私たちは知らず知らずのうちに 

いろいろな所に力が入っていることが多いのです。

ただ立っているだけ、ただ座っているだけでも。

元極功法では、天地と繋がることを大切にしています。

天門(百会:頭頂部) 

地門(湧泉:足裏) 

人門(労宮:手のひら)

これら三門を開け、天地と繋がるのです。

そして体全体は ふわっと力が抜けている。

どんな動きをするときでも、力が抜けていないと ぎくしゃくしてしまいます。

てあて屋よしでは 患者さんがだんだんそれができるように

施術を心掛けています。