出張伺います

てあて屋よしでは、フットワーク軽く(お腹は重いですが(^_^;)、出張にでかけております。

 

月延べ人数、約35名の皆様のてあてを出張にてさせて頂いております。

その中には、医療保険の利用できる訪問マッサージも含まれております。

 

コロナ禍の影響で訪問先は少し減り、遠方の出張もなくなったところもありますが、

直線距離16キロ以内は、てあて料金に加え、出張料1,000円。

 

それ以遠は、人数、距離にて出張料はご相談。

移動式ベッドを担いで出張いたします。

 

 

 

てきないときは、あんきによんどくれ

あんばよう てあてします 

 

 

写真は白川郷 いろり様にて

 

 

 

 

 

 

 

 

霜降(そうこう) ~二十四節気の一つ~ 

こんにちは、てあて屋よし 尾村です。
10月24日は二十四節気の一つ「霜降」でした。
陰気深くなり、露は霜として草木の景は黄変する意味で霜降といいます
一気に寒くなりました。

てあて屋よしでは、扇風機の代わりヒーターを出しました。

 
東洋医学では、病気の原因の一つとして外因(六淫または六邪)を挙げています。

外因とは、人体の外にある病因ですが、主に自然界から影響を言います。

 

六淫とは、風・寒・暑・湿・燥・火の6種類の外感病邪の総称です。

 
本来なら「六気」気象変化を指すものです。 人は自然の流れ、天地の運行に素直に応じていれば、病にならないというのが、和方・漢方の考え方です。
 
 
 
しかし、暑すぎる、暑さが続く、急に寒くなるなど、自然の流れ自体乱れた時にも病になってしまうことがあります。 最近患者さんの様子が今までより良くない気がします。早め、早めのてあてをおすすめします。
 

できないときは あんきによっとくれ あんばよう てあてします

 

2/19 二十四節気の一つ雨水

2月19日(土)は二十四節気のひとつ 「雨水」です。

冬の氷水が陽気に溶け天に昇り、雨水となって下る、の意で雨水といいます。

毎年2月19日頃になります。

二十四節気は、元極功法の修練者にとって、効果の高い日です。

そして「てあて」の効果の高いときでもあり、
ご存じの方はこの日を狙って、てあてを受けられます。

例年になく、雪の多い年になっています。

立春(2/4)を過ぎましたが、ひだの春は、色々な意味でもう少し先のようです。

AIによる姿勢分析 始めました!

腰痛、肩こり、頭痛、坐骨神経などの痛みの根本原因は、姿勢によるものもあります。

猫背、出っ尻、O脚、X脚、首の傾き、左右の肩の高さの違い

前後の傾き等、


知っているようで知らない自分の身体。

AI で姿勢分析をしてみませんか。


カメラで撮影した 正面、横向きの2枚の写真から

左右、前後の身体のバランス、

未来姿勢、

歩き方まで分析します。


6月中は 2枚の写真からの分析を無料で行っています。



新しいスタートライン

卒業生の皆さん、そしてご家族の方々

ご卒業おめでとうございます。

今年は コロナ禍のため、今までとは違った年、そして卒業式になったことと思います。

それも歩みの中の一つで、 過去の1ページとなることでしょう。

感謝とおかげさまの気持ちをもって 次への道へ進んでください。

スタートラインに立つのは

若者だけではありません。

この歳になっても、新しいスタートラインに立とうと思います。

走り続けようと思います。

みんなの元気のために

神様がくれたスタートラインだから。

てきないところを あんばよう てあてします

明けましておめでとうございます。

昨年はコロナ禍の中、未病の方、すでに病気の方を含め、
多くの患者さんをてあてさせて頂きました。

ひとり一人の患者さんの状況を自分の身体において
痛みや滞り、エネルギー不足…を何とか改善しようと心掛けてきました。

これが最後のてあてになるかもしれない。
(こうこの患者さんは来られないかもしれない)
と不安を心に頂きながらも、

精一杯、できる限りのことをしてきました。

痛みや不調が残ってしまったときには、申し訳ない気持ちになり、
不調の原因、てあての内容、そして今後の見通しを伝えました。

まだまだ力不足なことや対応の不備もありますが、
今年もひとり一人の患者さんの立場に立ち、学び、そして修練して

てあてしていきたいと思います。

てきないときはあんきによっとくれ

あんばようてあてします

年末年始(12/30~1/3)休業日のお知らせ

二十四節気の一つ「冬至(12/21)」が過ぎ、今年もわずかとなりました。

これからは、真陰から少しずつ陽へ向かい、お日様の時間帯も長くなっていきます。

年末年始の休業日をお知らせします。

12月30日(水)~1月3日(日)まで てあてを休ませて頂きます。

今年の疲れは今年のうちに 

三元エネルギーいっぱいで 新しい年を迎えましょう!

新型コロナ対策 実行中!

安全対策ステッカーが貼ってあるお店で、クラスター、集団感染がありました。

ステッカーが貼ってあるから安心?

検査に合格しなければならないの?

新型コロナ対策 実行中!

てあて屋よしにも岐阜県のステッカーがあります。

これは、共通事項16項目と業種事項にチェックができるよう努めるとういう宣言です。

内容を見てみると次のようになっています。

②密集対策 2つ
③密閉対策 1つ
④密接対策 2つ
⑤衛生対策 8つ
周知 1つ
そして理美容業、マッサージ店 1つとなっています。

1つを除いて、当たり前のことや日頃から心掛けていることでした。

早速コピーして貼りました。

「なんで?」と思われる方もあるかもしれませんが、

ある病院では次のように説明しています。

蓋を開けたまま水を流すと便器内の水が跳ねて床や体に付着してしまったり、排泄物の中に含まれたウイルス等が洗浄の勢いで飛散してしまい、90分もの間空気中を飛んでいることもあるそうです。そしてそのウイルスが体内に入り感染してしまうことがあります。ご来院時にトイレを使用した際には、蓋を閉めてから水を流していただきますよう、ご理解とご協力をよろしくお願い致します。また、ご家族の方にうつさないために自宅でも行ってみてはいかがでしょうか。

・・・蓋を閉めると、節電やCO2削減、ポケット内の物が便器内に落ちてしまうことも防止できますよ。私もボールペンを落としてしまったことがあります・・・

ちなみに私は、いつもトイレの蓋を閉めていますが、

胸ポケットから携帯を落としたことがあります。

五気(ごき) 天地の運行に沿って

秋は夏に本領を発揮した、今までの成果を実りにしますが、雨や暑さが続いてしまうと、十分な実りが期待できません。

「五気」 
風(春) 暑(夏) 湿(長夏) 燥(秋) 寒(冬)
  

「五気」は万物を育む働きをもち、人にとって大切なものです。

しかし、「五気」に異常(過剰や不足、あるいは時期に反しての出現)があった場合、人体の適応能力を超えた時や人体の抵抗能力が落ちている場合は、「五気」は「五悪」となり、病の原因となります。

天地の運行に順応すれば、病にならないというのが、和法・漢方の考え方です。
(日之本元極 階ヒト初級より)

コロナウイルス感染拡大防止で自粛生活の後は

飛騨地方は記録的大雨に見舞われた 長~い 「梅雨」

梅雨が明けたと思ったら、「猛暑」

最近の天地の運行は 我々にとって 病の原因となってしまいます。

どうか健康管理には十分お気をつけて。